忍者ブログ

フランクミュラー スーパーコピーhttp://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-14.html

フランクミュラー スーパーコピー激安:http://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-14.html

ヨーロッパ写真『パリで現代アート散歩』

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ヨーロッパ写真『パリで現代アート散歩』

ヨーロッパ写真日和VOL.186『パリで現代アート散歩』
こんにちは、吉田タイスケです。遠くに見えるはパリ郊外、ラ・デファンスにある巨大な門。 パリの凱旋門と同じ軸上にあるモニュメントとして1989年に完成しました。フランス語では「Grande Arche(大きなアーチ)」と名付けられています。超高層オフィスビルにもなっているグランド・アルシュ、ここが自分のオフィスってどんな感じでしょうか。今回はこのラ・デファンスを始め、パリの公共空間に置かれた現代アートをご紹介いたします。
「モビール」と呼ばれる、「動く彫刻」を作り出したことで有名なアレクサンダー・カルダーの動かない作品「赤クモ」。素材は鉄なんですが、形状に重さを感じません。見る角度によって、いろいろな形に見えるところが面白いですね。
そして、赤クモの向かいにあるのがこちら。
20世紀のスペイン画家、ジョアン・ミロの作品。何を表しているのかは、、、わかりませんが、ミロの作品は「この人、宇宙とつながってるな、、」と思える造形です。
そして、ちょっと先にはこれまた巨大な「いいね」←ちがう。近代フランスを代表する彫刻家、セザールによる「親指」です。巨大化することで、親指だけど親指じゃない抽象的な存在になっています(たぶん)。
「親指」を見て振り返ると、そこには鯉のぼり、、、じゃない、フランスの現代美術家ダニエル・ビュランの作品が青空に風をはらんでいます。常に決まった幅のストライプモチーフを使うビュランの作品は、「美術とは」「見ることとは」ということへの問いかけでもありますが、とりあえずこれは鯉のぼりっぽいということで←意味不明。次はこの巨大なオフィスビルでもあるアーチの向こう側はどうなっているのかを見てみます。
ルイヴィトン スーパーコピー
PR

コメント

プロフィール

HN:
www.ninkitokei.com
性別:
非公開

P R